マイクアイコンスクールについて

ティプラム代表

アナウンサーを目指している皆さんこんにちは。
ティプラムアナウンススクール代表の加藤康裕です。
私は大阪の放送局でアナウンサーとして勤務していました。
30年働いて感じたのは、アナウンサーは本当に奥が深く、終わりのないやりがいのある仕事だということ。一生をかけるのに相応しい仕事だと心から思います。

「アナウンサーは、なるよりも続けていくことの方が難しい」

実際にアナウンサーとして働き、また多くの人間を育ててきた私の実感です。
せっかく入社したのに数年で辞めてしまう、最近はそんな人が増えてきました。
「入社したけれど、自分のやりたい仕事がなかった」
こんな声を聞くこともあります。
ティプラムアナウンススクールでは、個別指導で一人一人の学生と向き合い、
やりたい仕事は何か、その仕事が受験する放送局で実現できるのかを一緒に考え、必要なスキルの指導とアドバイスをしていきます。

プロフィール

大阪の民放局でアナウンサーとして約30年勤務。
その間、ラジオ番組からTVのニュースキャスターなど幅広い分野で活躍。また20年にわたり、アナウンサーの朗読イベントのプロデュースに携わり、社を代表するイベントに育て上げた。
アナウンス部長時代には、新人アナの育成から全員のマネジメント、採用試験にも責任者として深く関わり、毎年多くの学生と向き合ってきた。
平成4年日本民間放送連盟賞ラジオCM部門最優秀賞、優秀賞受賞。
現在は大学生への局アナ受験指導のほか、現役アナウンサー、気象キャスターの指導も行っている。
南気象予報士事務所 アナウンスアドバイザー。

ティプラム代表